知っ得!DTPデザインを依頼する方法

menu

知っ得!DTPデザインを依頼する方法

HOME » パンフレット作製 » 知っ得!DTPデザインを依頼する方法

会社の商品の売り上げを上げるための重要な営業アイテムである、パンフレットやカタログ。
デザインやキャッチコピーが目を引くものでなければ、手に取ってもらうのが難しいため、ここには予算を投じて良いものを制作する必要があります。
パンフレットのデザインを信頼できるプロに依頼するには、次の2つの方法がありますので参考にしてください。

まず一つ目の方法は、SOHOでDTPデザイナーを募集するということです。
SOHOはいわゆる在宅ワークのことで、チャットやメールでやり取りをしながら、仕事の依頼をします。
この方法の良いところは正式な専門の業者に依頼するよりも、デザインに掛かる費用が抑えられるということです。
その分、複数のデザイナーに仕事を依頼して、よかったものを採用すると言ったことも可能となります。

ただし、対面での打ち合わせができないことが多いので、こちらが希望するデザインのイメージが、事細かく伝わるかどうかは、少々難しいかもしれません。
ですから、ある程度の妥協を考慮した上での依頼を行うことになります。
また、校正作業をこちら側でやらなければならないこともありますので、費用を安く抑えられる分、一貫してすべてを任せられないと言うデメリットもあります。

もう一つの方法は、DTP制作を専門に行う制作会社に、パンフレットのデザインを依頼するということです。
制作会社に依頼するメリットは、高い品質で制作物が仕上がってくるということと、対面での打ち合わせができるということです。
対面での打ち合わせでは、ディレクターやデザイナーが同席して、デザインイメージを擦り合わせていきますので、希望通りのデザインに仕上がり安いというのが強みでしょう。
また、デザインからキャッチコピー、コピーライティングの作成、印刷まですべてを一貫して任せられますので、 手間が大幅に省けるというのが一番大きなメリットだと言えるでしょう。

クオリティの高いデザインをパンフレットに求めるのであれば、こういった方法でプロに依頼した方がいいものが出来上がります。
今の時代優れたソフトがありますので、自分で制作することも不可能ではありません。
自分で制作すれば、デザイン費用の節約にはなります。
しかし、素人がデザインを行うと、テンプレートを当てはめることになりますので、どこにでもあるようなデザインになってしまいます。
しっかりと営業ツールとして活用できる「目立つ」パンフレットを作るためには、プロにお願いした方が断然メリット大きいといえるでしょう。