パンフレット制作を依頼!見積りの内容について

menu

パンフレット制作を依頼!見積りの内容について

HOME » パンフレット作製 » パンフレット制作を依頼!見積りの内容について

見栄えの良いパンフレットデザインを依頼する時には、見積り金額はどのように決まっていくのでしょうか?
今回は、DTP系の制作会社にパンフレット制作を依頼した場合の、見積りの上手な出し方について説明したいと思います。
これから制作の依頼を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

見積もりは基本的に、打ち合わせでデザイン案がまとまった時に、あちら側から提示してもらえるものです。
この見積りで提示される金額は、どこまでを依頼するのか?によって金額が変動してきます。
例えば、デザインから印刷までをすべて制作会社に依頼する場合は、デザイン考案、挿入文章のライティング、写真の撮影、印刷、製本などすべてに費用が掛かってきますので、それなりの金額で見積りが行われます。
ところが、デザインを自社で作り、印刷と製本だけを依頼したい場合は、もっと安く見積り金額を抑えることが出来ます。
制作会社によっては、規定のプランを設けて、料金を提示しているところがありますので、そちらを参考にして、依頼する範囲を決めて行けばいいでしょう。

制作会社の中には、格安でデザインから印刷までのサービスを提供しているところもありますが、どこでコストカットをしているのかを見極めなければなりません。
相場よりはるかに安い業者は、おそらくデザインはテンプレートを用いて、ライターは外注に回して、安く書かせているようなところがあります。
品質とそれほど求めないのであればそれでもいいのかもしれませんが、営業ツールとしてパンフレットを使うのであれば、訴求効果を内容に盛り込まなければなりませんので、あまり格安にこだわって、制作会社を決めない方がいいかもしれません。
制作会社に依頼する前に、料金相場をまずネットで調べておけば、業者選びで失敗することは少なくなります。

一番大事なのは、打ち合わせを丁寧に行ってくれる制作会社を選ぶことです。
打ち合わせこそが、デザインを決める工程になります。
ですので、ここで時間を節約しようとする業者よりも、しっかりとデザイナーが同席して打ち合わせをしてくれる業者の方が、イメージに近いパンフレットに仕上がりやすいのは明白です。

あとは、コンセプトやテーマの設定が上手な業者を選べば、イメージ通りのパンフレットを仕上げてもらいやすいです。
この辺りは制作会社のディレクターやプランナーの腕の見せ所だと思います。
過去の実績を確認させてもらい、より品質の高いパンフレット仕上げてくれる制作会社を探してみましょう。